ビーバーハウスで快適生活【マイライフにスマイル革命】

不動産

事故のあった物件の対策

不動産会社の対策

アパート

賃貸アパートやマンションを経営していると、オーナーの意図しない所で事故物件となる危険性があります。不幸にして事故物件となってしまった時の保険も発売されていますが、問題はいつ正式な賃貸を再開できるかです。賃貸物件が膨大な数となる東京では、事故物件となる賃貸住宅の数も半端ではありません。部屋が事故物件となってしまっては、不動産管理会社も不利益を被ります。事故の後の賃貸契約は、正式家賃の半額から3分の2ほどの金額となり、しばらくは減収が続きます。そのような憂き目を見ないために、入居審査は厳しくなると推測されます。それと同時に、入居する人の家賃に保険料が上乗せされる事例も増えると予想されます。事実、東京の多くの賃貸住宅が、このシステムを取り入れています。

客の回転を速くする

東京や大阪など都心のエリアでは、住んでいる、または所有している物件が事故物件になってしまうケースが近年多くなっています。高齢者をはじめ一人暮らしで生活する方が増えたのに合わせ、どうしても孤独死等の発生件数が増えてしまっているのです。そういった人命に関わるような事件が発生した物件は事故物件と言われ、買い手がつきにくい物件となってしまいます。しかし、所有する物件が事故物件になったからと言って、売却を諦める必要はありません。なぜなら、価格が安い事故物件を探す方も少なからず存在しているのです。事故物件はそれ専門の取扱業者が東京都心部を中心に存在しており、安い物件を求める多くの方に情報を提供しています。取扱業者に販売を委託すれば、物件の購入を希望する方を比較的容易に見つけ出すことが出来るでしょう。そのため、悲劇があった物件をもう一度活用することが可能になるのです。